設備紹介


駐車場

parking

駐車場は7台完備しております。

外テラス

terrace

外のテラスで診察順番を待つことも可能です。

受付・待ち合い

waiting room

診察室

examination room

手術室

operating room

レントゲン(CR)

fcr

レントゲン撮影をデジタル化することにより、診察室のパソコン画面上にて飼い主様に説明することができます。 現像液なども使用しないため、環境にも配慮されています。 拡大やコントラストなども調整できるために、小さな病変も発見しやすくなります。

エコー(Xario)

echo

痛みをあたえず、麻酔なしで内臓(肝臓、腎臓、膀胱、子宮、妊娠など)の状態を診察することが出来ます。 血液の流れがわかるカラードップラー機能を装備していますので、心臓の動きもリアルタイムでわかります。 様々な病気を早期の段階で発見することに役立ちます。

検査機器類

cbc dri-chem

血球計数器(写真右)(pocH-100iV)

赤血球、白血球、血小板の種類別の 数や容積などを素早く計算してくれる機械です。 貧血有無や感染症有無などが検査できます。

生化学測定器 (DRI-CHEM)写真左

血液により動物の内臓の状態を検査する機器です。 肝臓、腎臓など体の主要な臓器のほか、血糖値、コレステロール、アンモニア、さらには電解質などさまざまな数値を院内でスピーディーに検査します。

麻酔器

anesthetic apparatus

人間の場合の全身麻酔と同様、気管にチューブを挿管し行うガス吸入麻酔機です。 動物の身体に負担が少ない安全な全身麻酔が行えます。

麻酔モニター

anesthetic monitor

動物の心拍、呼吸状態、血液中の酸素濃度、血圧などを監視する機器です。 この機器により、動物の麻酔の異常をいち早く感知し、対応することが可能になります。

オートクレーブ

autoclave

手術器具を滅菌し、無菌状態を作り出し、清潔な手術を実施するために不可欠なものです。

入院室

hospitalization room

hospitalization room

動物の状態に応じたより良い環境づくりを心がけています。 治療方針としてなるべく通院での完治を目指していますが、入院が必要と判断される場合は入院室をご用意しています。 ペットホテルとしても利用可能です。